読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkokamoの日記

HPCの研究開発なのでそんなことをかきたい

Xen on KVM (1)

KVMの上でXen(HVM)を動かそうとした時になかなか、解決方法がわからなかったので記録しておく。

とは言っても、まだXenの上でDom Uは動かして無いんですが、、、。

Dom 0が動くまでの道のりは以下の通り

動作環境はホストがUbuntu 14.04、ゲストがUbuntu 12.04

  1. Linuxの/etc/modprobe.d/qemu-system-x86.confを編集し、ネステッドEPTを行う設定にする
  2. virt-managerから(あるいはVMxmlをいじる)、仮想CPUの設定をホストと一緒にする
  3. VMを作り、その上でXenのビルド、インストールを行う。
  4. Xen がエラーを起こして起動しないので、仮想CPUの設定変更
  5. Xenは動いたがDom0のロード中にloop modules loadedでとまるので、virtioを用いないようにするに変更する

これでDom0の起動までは行えた。大変だったのは4, 5に気付くまで、、、。

1. /etc/modprobe.d/qemu-system-x86.confの編集

ハイパーバイザの上までは、通常ハードウェアによる仮想化支援が届かない。これを有効にするために以下のように編集する。

#echo 'options kvm_intel nested=1' > /etc/modprobe.d/qemu-system-x86.conf

qemu-system-x86.confはUbuntuでのファイルでcentOSなどはkvm.confを編集。

2. VMのCPUの設定をホストと一緒にする。

virt-managerを起動し 起動するVMを開き、メニューから[view]>[Details]を選び、ProcessorのConfiguration項目のModelを自分の物理マシンのCPUにし、Copy host CPU configutationをクリックすることで、VMのCPUの設定をホストと同じにできる。

3. Xenのビルドとか

aptで入れても、コンパイルしていれてもおk

4. VMのCPU設定でx2apicをdisableにする

さぁ、起動とおもって動かしたら起動しない。。。色々調べたら、2.でも触れたConfigurationのでx2apicが有効になっていることが問題らしい。x2apicをdisableにすることで解決。
x2apicはNehalemから採用された割り込みコントローラらしい。有効だとなぜ動かなくなるのか謎、、、だがとりあえず解決したので気にしない。

ここまでは調べて出てきた。

5. Dom0のロード中にloop modules loadedでとまる

いつもののりでvirtio、virtio、、、と無意識に設定してたのが落とし穴だった。良く考えたらxenに準仮想化のフロントエンドドライバなんてないの当たり前。ということで、すべてvirtioを用いない設定にすることで解決。
めでたしめでたし



とりあえず、まだ起動してログインができただけの段階なので色々頑張っていきたい。